+++

  • to Amazon

カテゴリー

藻緯羅の庵(過去分)

旧[藻緯羅の庵]より

株四方山

株式投資周辺の話題

2021-01-10

アヲハタの減損損失の意図は?

1月7日に、[2830]アヲハタが前期決算を発表した。同時に、「特別損失(減損損失)の計上に関するお知らせ 」を開示している。

この特別損失は「コロナ騒動」に関わるものだが、
藻緯羅には、不可思議な減損損失計上に思える。

お土産品向け商品の販売が大きく減少し、
乳飲料メーカー向けのフルーツ加工品の新規受注がなく、
収益性が悪化したので、286百万円を処理するという。
悪化といっても、売上が7%減っただけである。
これだけなら、減損の理由にはならないだろう。

新規受注の不振で減損するのが、妥当なのか?
昨春のコロナ騒動以降、
乳飲料メーカーの個装デザートは品薄が続いていた。
新規受注があって然るべきだから、営業の失敗?

前期の純利益は592百万円となっているから、
減損がなければ、878百万円だったかもしれない。
1株利益が、106円になっていたかもしれない。
今期は増益を見込んでいて、1株利益85円である。
減損がなければ、増益でなく減益となる。
「コロナ特需」が消えるということなのか?

会社の「次期の見通し」は、
何をいっているのかサッパリ藻緯羅には解らない。


これらから、投資家は不振を抱くのではないだろうか?
この地合いだから、乗り換えられてしまうかもしれない。
当然、地合いに逆らって、株価は下落することになる。
親会社は、親子解消をしなければいけない状況。
昨今の動きや関係性から、手放すとは考え難い。
となれば、時価は低ければ低いほどいいということに。

藻緯羅の直勘では、希望価格は1800円前後か?
昨今のプレミアからすると時価希望は1500円前後?
さて、
どうなりますか...解答が示される日も近い。

 

2020-12-31

酔狂で選んだ藻緯羅2021

藻緯羅2020は作りませんでした。
2021も作らないつもりが、
ふと思いついて、
酔狂で選んだ10銘柄を[藻緯羅2021]とします。
どこまで頻繁にフォローアップできるかわかりませんが、
ご笑覧あれ、()内は注視ポイントです。

[1969]高砂熱学(空調)
[7408]ジャムコ(改装)
[4107]伊勢化学(消毒)
[7596]魚力(健康志向)
[6545]IIF(リハビリ)
[7314]小田原機器(改装)
[2393]日本ケア(IoT)
[8012]長瀬産業(探索)
[6951]日本電子(NMR)
[4550]日水製薬(PCR)

最大で半数の銘柄に上場廃止の可能性があります。

 


影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか(Amazon)

2020-12-26

今年の株式売買を終えたが…

2021年、波乱の世界金融市場も落ち着いてしまった。
藻緯羅には一層の波乱、それでも痛手は回復基調へ。

主力銘柄の年越し分布↓↓↓
楽天ブログ[藻緯羅’s Worlds]
P3g2は、
[3636]三菱綜合研究所
[3778]さくらInternet
[4540]ツムラ
[6545]Internet Infinity
[9504]中国電力

秋以降、低迷していた保有銘柄に出遅れ買いが入ったようで、
12月27日の終値で、
藻緯羅の株資産は、昨年比80%強まで回復してきました。

2021年に向け藻緯羅の注視株に入っていない
2銘柄が主力に入ってます。
というのも、
4557 医学生物学研究所 (抗体)が、
完全子会社化で上場廃止に。
また、プラチナ相場が不安定なので外しました。

2020注力12銘柄
前掲グラフの12銘柄を比較すると、
違いすぎる!
コロナ暴落で大幅に入れ替えたからです。
共通なのは...
 6545 Internet Infinity
 9504 中国電力
主力ではないけど、
 4548 生化学
 4550 日水製薬
 4914 高砂香料
 7314 小田原機器
を、少量保有中。
この6銘柄は、しっかりと含み損状態で、
残すものと、切るものを間違えたようです。

2020-12-11

キヤノンの33年前の時価総額?

ステッパーでニコンと競っていたキヤノンの
時価総額は、33年間で、減った?増えた?

キヤノンの1987年の発行株数は、
593,237千株で、
当時の株価水準が1,100円ほどなので、
時価総額は652,561百万円となる。
一方、
2020年の発行株数は1,333,763千株と、
ほぼ倍増していて、時価も2063円と倍増。
従って、33年間で時価総額は4倍になって、
2,751,554百万円である。

33年前には、ほぼ肩を並べていた両者だが、
ニコンは時価総額を3割も減らし、
盟友キヤノンは、4倍にも成長した。

この33年間で時価総額が3倍以上になった
銘柄は、どのくらいあるのだろうか?

 


よこがお DVD 通常版 (Amazon)

2020-12-08

ニコン、33年前の時価総額は?

半導体製造装置ステッパーで飛躍したニコンが低迷中。

33年前、1987年の時価総額を、
会社情報1988新春号で調べると、
社名が違っていて、「日本光学工業」だった。

1987年の発行株数は357,711千株で、
株価水準は1,000円ほどなので、
時価総額は357,711百万円となる。
一方、
2020年の発行株数は378,337千株と、
6%ほど増えていて、
時価総額は250,459百万円である。

株数がほとんど増えずに株価が下落したので、
時価総額は、3割も減ってしまった!

会社情報1988新春号の記事欄に、
光磁気ディスク・自動車用防眩ミラーに、全力とあった。

 

 


PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話(Amazon)

2020-11-08

記念株にTOB招待状が届いた

過去にかなりの利益をもたらした株を1単位だけ保有してるのだが、それが「記念株」。
その一つ医学生物学研究所を親会社が完全子会社化する。
上場時は、親はいなかったのだが、藻緯羅にすれば、無意味な投資を強いられて経営が傾き、JSRが救済して親会社になった。
その時から、完全子会社の気配を感じていたが、再び一本立ちしたので、この期にということなのだろう。

招待状の差出人は、JSRとMBLの連名。
内容物は4つ、
連名の挨拶状、JSRの公開買付開始のお知らせ、MBLの応募推奨表明、野村証券の事務手続き案内

招待状の画像は楽天ブログで↓
https://plaza.rakuten.co.jp/moira/diary/202011080001/


砂金掘りセット 缶詰 夢の缶詰 砂金 黄金色のときめき (Amazon)

2020-10-27

注視株のMBLが上場廃止に

今朝,2021年に向けての注視株30銘柄をアップしたのだが、
その中の4557医学生物学研究所が完全子会社化により上場廃止。

親会社JSRは医学生物学研究所の50.8%を保有しているが、
残りの株式を公開買い付けで取得し完全子会社化する。 
TOB価格は1株4400円で、
10.27終値に対し1.24倍と安めで買い叩いた印象である。


デジタル体脂肪計 【手持ち 手で持つ 手で握る 体脂肪率 肥満 基礎代謝 ダイエット 健康 BMI F7076-10】(Amazon)

2021年に向け藻緯羅の注視株

秋の気配に乏しい10月,注視株の入れ替えをしました。
銘柄数を減らそうと、入れ替え後は30銘柄に。
()内は、注目ポイントの例(順不同)


コード 10.26終値 銘柄
3646 502 駅探 (再編)
4107 2920 伊勢化学 (再編)
2393 1630 日本ケアサプライ (再編)
4548 983 生化学 (再編)
4550 1071 日水製薬 (再編)
7314 604 小田原機器 (再編)
6762 12470 TDK (spin)
6545 599 Internet Infinity (再編)
3778 722 さくらInternet (演算力)
4914 2149 高砂香料 (合成技術)
5727 662 東邦チタニウム (サウジ)
7408 652 ジャムコ (新型コロナ対策) 
6501 3668 日立製作所 (総合力)
1911 1723 住友林業(森林)
9504 1330 中国電力 (石炭火力)
9233 1011 アジア航測 (遠隔計測)
6272 1035 レオン自動機 (省人化)  
4557 3440 医学生物学研究所 (抗体) 
7267 2585 本田技研 (個の移動)
2830 2549 アヲハタ (まるごと)
1969 1437 高砂熱学 (熱E)
6951 3360 日本電子(量子E)
8012 1420 長瀬産業 (Bio/化学E)
3708 4445 特種東海(紙・森林)
4045 1130 東亞合成 (ペプチド)
4755 1155 楽天 (ネット事業)
4694 2745 BML (潜在力)
9632 7780 スバル興業 (TOB)
2651 5250 ローソン (潜在力)
1541 2831 ETF Pt

※例によってコードと銘柄名の不一致は銘柄名優先

 


Elrigs LEDライト 人感/光センサー付き E26口金 自動点灯 自動消灯 感知距離/明るさ/点灯時間/光センサー感度設定可能 60W形相当 7W 昼光色(6000k) 密閉形器具対応 1個入り (Amazon)

2020-10-25

33年前の東邦チタニウム

藻緯羅が株を始めた時から付き合っている、
5727 東邦チタニウムだが、今の経営環境は厳しい。
原料高・製品安・円高・電気代高止まりと四面楚歌。

33年前はと、会社情報88新春号を見ると、
今と似たような経営環境で無配となっていた。
この頃の株価は、概ね800円で、
発行株数が、2,430万株ほどなので、
時価総額は、195億円程度となる。

2020.10.23の株価は664円と下がってる!
時価総額が、475億円程度と増えてるのは、
発行株数が、分割で7,130万株と増えたから。

33年間で、2.4倍というのは優秀???

東邦チタン 年足56年分'62-'17


よこがお DVD 通常版 (Amazon)

2020-10-10

昨今,個別の値動きに感ずること

日経平均は新型コロナ暴落前の水準まで戻ってしまった。
藻緯羅の実投資も損切りしなければ元に戻っていた勘定。
しかし、
損切りして、しばらくしてから買い戻したので、
元に戻るまでに15%の上昇が必要である。

このところ相場全体は膠着しているように感じる。
個別で見れば、利食いの手取りで、
新規銘柄を物色買いしている印象。
利食いしたものは、
さらにあげているか、ほとんど下げていない。
これらを買い戻すのが第1選択なのだが、
どういうわけか...新しいのを探したがる。

現在、固定分を除くと現金率は25%ほど。
 オプション保険もかけていないし、
 ダブルベアも買っていない。
 プラチナETFの残高もゼロ。

ここから先は、現物を売らずに、
オプション保険で対処する予定。
もっとも、
大きくあげれば現物を売る予定。

これから先のことを思い浮かべると、
新型コロナウイルスは藪の中のまま、
経済変調も全く収まっていない、
加えて、アメリカ大統領選が不透明。

となれば...

新型コロナ流行第2波を懸念して、
新型コロナ暴落第2弾を、
米大統領選推移が後押しするかも。


影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか(Amazon) 

より以前の記事一覧