+++

  • to Amazon

カテゴリー

藻緯羅の庵(過去分)

旧[藻緯羅の庵]より

« 非株式率36%で新年度入り | トップページ | 新型肺炎対策の入替首尾? »

2020-04-06

武漢封鎖の受益者は高齢者

英ロンドン大学が中国武漢市の封鎖解除を数理モデルを用いてシミュレーションした結果を報告した。武漢市を人口1100万人の閉じた系と仮定し1年間の流行推移を検討している。入力したデータは報告されたものを用い年齢は5歳刻みで75歳以上までの16段階としている。

その結果、封鎖戦略の相対的利益が大きいのは5歳以上15歳未満と60歳以上で、25歳以上60歳未満の勤労者層は利益がもっとも小さかった。当然といえば当然の結果だが、統計学的に確認した意味は大きいだろう。

これまた当然だが、感染予防策を何も実施しなかった場合に比べると、4月初めから段階的に再開すると2020年半ばまでの感染者の数の中央値を92%超、2020年末までの感染者数を24%減らせるとの結果を得ている。2020年後半の効果が少ないのも当然といえば当然。

原題は「The effect of control strategies to reduce social mixing on outcomes of the COVID-19 epidemic in Wuhan, China: a modelling study」、概要はLancet Public Health誌のウェブサイトで閲覧可能。


(amazon)在庫処分セール

« 非株式率36%で新年度入り | トップページ | 新型肺炎対策の入替首尾? »

井中の蛙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 非株式率36%で新年度入り | トップページ | 新型肺炎対策の入替首尾? »